日本のサプリメント副作用について


サプリメントを用いた副作用は、日本の場合でも報告例が存在しているようです。
健康にいいサプリメントとしてクロレラは関心を集めていますが、クロレラでの副作用事例もあります。フェオホルバイトという成分が葉緑素からできたことにより、クロレラを含有するサプリメントによって皮膚に問題が生じたことがあるようです。クロレラへの規制は、厚生労働省が1991年に定めた規格に基づいてはいますが、今もなおクロレラでの皮膚への副作用が取りざたされています。
副作用は個人の体質によって出る場合や出ない場合に差があり、これは健康にいいというクロレラ成分でも例外ではないようです。イチョウ葉エキスを食べて、皮膚炎や腹痛がおきてしまったという副作用の報告が消費者センターに寄せられています。
イチョウ葉エキスにはギンコール酸という成分が含まれており、これが副作用の原因物質となります。もちろん全ての人に副作用が起こるわけではなく、イチョウ葉のサプリメントを取り入れても全く大丈夫な人もいます。
イチョウ葉エキスとして販売されている国産のサプリメント20銘柄中、12銘柄からギンコール酸が検出された例もあります。ドイツではイチョウ葉エキスは医薬品として扱われ、ギンコール酸濃度の規格基準が定められているそうです。一方、日本ではイチョウ葉エキスについての規格基準がなく、サプリメントは健康食品として販売されています。副作用のリスクをできるだけ減らすため、目的のサプリメントを使う時にはそのサプリメントのメリットやデメリット、正しい使い方をよく調べておきましょう。
(C)サプリメント副作用のこと





スリムアップパンツでシェイプアップを目指す